VR

VRゴーグルって何ができるの?できること5つ

VRはスマートフォンでも仮想現実が楽しめるとあって、より身近なものになり、使ってみたいと思う方も多いと思います。

そんなVRを、私生活のみならずビジネスで活用していきたいと考える方も多いですよね。

そこで今回は、遊びでの楽しみ方からビジネスまで幅広いシーンで役立つVRでできること5選を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのVRはこちらVRのおすすめ15選お得な動画ポイント1000円分つきモデルも

VRゴーグルに出来る事

VRは仮想現実を体験することができ、まるで「その世界に入りこんだような体験」ができるのが特徴です。

例えば、超怖いホラーVRや、きれいな女の子とのドキドキVR、はたまた迫力満点のVRゲームなどワクワクするような体験ができます。

しかもスマートフォンのアプリでこれらを体験できるとあってその手軽さからこれからどんどん市場は広がって行くと言われています。

調査会社IDC Japanによると、2023年のVRやARの世界市場はおよそ17兆3000億円に達すると予測。

今後最も注目される市場の1つだといえますね。

仮想現実の世界でスリルあるを体験したり専用のゲームで遊んだりと、エンターテインメントのイメージを持っている方も少なくないでしょう。

空を思うがままに飛び、異国の国をまるで実際に訪れるように旅行するといった遊びは最高にエキサイティングです。

しかし、VRの可能性は単なる趣味の範囲で留まらず、それ以外にも様々なシーンで活躍します。

VRの活躍するシーンを5つ見ていきましょう。

VRに出来る事その1.ゲームや音楽のライブなど

スマートフォンで楽しむ

スマホで手軽にVR動画を楽しめるのが魅力。

本体にスマホを挟み込んでセットし、使用します。

スマホをディスプレイとして利用するのでスマホのサイズによっては、使用できない場合もあるため、購入前にサイズ確認が必要です。

PCで楽しむ

パソコン用は解像度の高い画面で楽しめるのが魅力。

スマートフォン用よりもモデルは少ないとはいえ、PC用VRゴーグルの数も多くなっています。

臨場感あふれるVR体験ができます。

プレステなどゲーム機で楽しむ

家庭用ゲーム機では、特に人気なのがSONYのPlayStation VRとFacebookのOculusシリーズ。

2019年12月にはコントローラー不要のハンドトラッキング機能が登場するなど、まだまだ新しい開発が進んでいます。

ゲームも、映画もスポーツもハイクオリティに楽しめるのが魅力。

VRに出来る事その2.スポーツ

スポーツでは、VRはオーディエンスとプレイヤーの両方にVRが活用されています。

一般的に観客としてVRを活用しているのは、スポーツ観戦に特化した「動画配信プラットフォー」です。

例えばVRライブ配信プラットフォーム「LiVR」では、スポーツの試合やアーティストのライブがVR映像で楽しめます。

従来のテレビ放送やネット配信のカメラワークとは違い、360°好きなところを見回すことで、スポーツへの高い没入感と臨場感が味わえますよ。

特定の選手や監督の視点の体験はもちろん、ボールなどの道具、施設の視点から試合を観戦できるのは、スポーツファンにとって大きな魅力といえるでしょう。

また、プレイヤー(選手)にとってのVRでは、VRを活かしたトレーニングができるようになっています。

対応している競技も、野球やゴルフ、スキーなどさまざま。

ジムやフィールドとは違い、視点や難易度や環境を変えながら、反復して練習できるメリットがあります。

VRに出来る事その3.VR広告

VRはビジネスにおいて、商品やサービスを提供する側としての使い方もできます。

従来のデジタル広告とは異なる「VR広告」も登場しています。360°映像の特徴をうまく活用すれば、ユーザーのイメージを搔き立て、購買意欲を高めたり企業のPR活動に良い影響を与えたりしてくれるはずです。

具体的には、商品に触れることができるようにして実際の使用感を試すことができたり、VR空間内にあるテレビにCMを流すといったことができます。

一方通行ではなく、視聴者とコミュニケーションをとりながら自然に溶け込んでいく体験型の広告は、これまでと全く違う形の広告の方法として注目を集めています。

VRに出来る事その4.医療分野

VRは、医療分野でもさまざまな活躍が期待されています。

例えば、実際に行われている手術の様子をVRで見学可能にして、世界各国のドクターと共有するという使い方は、医療技術の向上に大いに役立つものとして実際に活用事例が増えています。

ドクターが実際行う手術をリアルに体験できることは、医療の道を志す学生や経験の少ない医師はもちろん、同じ分野の医師にとっても、大切な経験となるでしょう。

こうしたVRの活用によって、難しい手術の成功率が高まることが期待されます。

また、患者さんへの説明にVRを用いるという事もこれから増えていくでしょう。ビジュアルで説明ができるので、より簡単に説明ができるようになります。視覚で観た方がわかりやすいですよね。

理解して治療をすすめるので、患者とドクターがともに納得して治療に向かうことができるのは心理的負担が少なくなります。

「VR×医療」の活躍が期待されています。

VRに出来る事その5.教育

VRは学校教育の場面でも大活躍しています。視覚と聴覚に強いインパクトを与えるVR技術を学校教育に用いることで、学習へ対する向上心を高める効果が期待されています。

歴史、地理、英会話、化学などあらゆる分野でVRが活用されており、今後デバイスやコンテンツの普及が進んでいき導入ハードルが下がれば、VR教育が一般的な教育方法として認知される日はそう遠くない未来でしょう。

また、自閉症の子どもたちのための、教育系VRコンテンツもあります。

VR「フロリオ」は普段はなかなかコミュニケーションがむずかしい子どもたちとも、VRを使えば先生や親御さんのスムーズなコミュニケーションが可能になります。

教育×VRも、ますます開発がすすむでしょう。

まとめ

VRの需要は今後も非常に高いといえそうです。

ゲーム以外の分野においては、まだ実際の活用が多くないVRですが、だからこそ今後、飛躍的に実務に使われる場面が増えることが予想されます。

VRコンテンツに興味がわいたという方は、自分が興味のある分野において、どのようなVRの活用事例や体験方法があるのか、今のうちにチェックしておくといいでしょう。

また実際使ってみるのもおすすめですよ。