おすすめ

睡眠時の鼻詰まり解消に効果があった方法3つ【簡単な対策でできた】

鼻詰まりがあると睡眠の質が落ちて、日中ぼーっとしてしまいます。

そのため昼間活動的に過ごすことに支障をきたし困っている方も多いのではないでしょうか?

日中は平気なのに眠りに付くと鼻が詰まるので、人には分かってもらえず辛いですよね。

この記事では我が家の子どもに効果があった睡眠時の鼻詰まり解消方法をご紹介します。

具体的にはこちら
  1. 毎日布団乾燥機で布団を乾燥する
  2. 空気清浄機を置く
  3. プロバイオティクスを飲む

夏が過ぎ、秋になるとアレルギーがひどくなるので夏のうちに対策しておきましょう!

睡眠時の鼻詰まり原因は?

様々な原因があるかもしれませんが、わが子はアレルギーだと診断されました。

病院ではハウスダストアレルギーと言われる

子ども日中は平気なのに、寝るときだけ鼻が詰まるので、「風邪ではないし、何だろう?」

とりあえず耳鼻科へ行きましたが、アレルギー症状を抑える薬しか出して貰えず
何ヶ月飲んでも全く効き目がないので通院を止めました。

血液検査をして、ハウスダストアレルギーと結果が出て、お医者さんには「ま、お母さんが部屋の掃除頑張る事だね」とさらっと言われました。

「とにかく掃除をしないと!」と思って部屋の掃除をしましたが全く改善せず、辛そうな様子を見ても改善してあげることができませんでした。

鼻を温めて鼻水を鼻吸い機で吸い取ってみたり、逆に冷やしてみたり。

寝る向きを変えてみたり。

でも良くならず、どうしたらいいか途方にくれました。

そんな状態が2年くらい続いていき、「アレルギーだから仕方ない」そんな風に考えるようになりました。

きっかけはカビ対策のページ

ある本でシックハウスのカビ対策の部分を読んでいた時、このような記述がありました。

昔の住居は通気性が良く、現代のような水回り設備もなかったため、有毒なカビが発生しずらかった。

現代の住居はプラクチックやコンクリートなどでできており、換気も良くない。

シックハウス症候群で有名なリッチー・シューメーカーの研究によれば、一般的なビルや家屋がカビ毒に侵されている割合はなんと50%を超えるそうです。

そこで紹介されていたシックハウス対策がこちら

  • 部屋の換気はかかさない
  • 水回りのトラブルはすぐに直す
  • 屋根の雨どいは定期的に掃除する
  • 部屋の湿度は30~50%にたもつ
  • 空気清浄機を置く

参考「最高の体調」鈴木祐著クロスメディア・パブリッシング

寝室のカビ対策をすることに

寝室のカビ対策をやってみることにしました。

鼻詰まりだけでなく、家族の健康にも良いような気がしたからです。

我が家はまだ新しいので、屋根の雨どい掃除まではしませんでしたが、ひとまず部屋の換気から始めました。

効果があった方法3つ

この3つを同時に行ったとき、子どもの鼻詰まりはだんだん良くなり、1月もすると朝の鼻水がでなくなりました!

毎日布団乾燥機で布団を乾燥する

布団にカビやダニがいる事は想定できたので、布団を買い換えました。

ダニは秋に死がいが舞う

日本ではダニは梅雨の時期に増殖します。

寿命は2~3か月ですが、夏に生きていたダニは涼しくなり湿度も低くなるになると死に、死がいがたまるのです。

想像するだけで恐ろしい話です。

生きているダニより死んだダニの死がいやフンがアレルギーを起こすというのです。

思えば娘の鼻がひどくなったのは秋でした。

掃除を頻繁にしていなければ、夏の間に増えたフンも部屋にたまります。

近所のナフコでアレルギー対策してある布団を買いました。

なんでも、ダニが入ってこられないくらい繊維が細かいようです。

インターネットでさがしてみましたが、掛布団しかみあたりませんでした。

 

 

 

布団乾燥機は毎日かけます。

 

主人からは「やりすぎ」といわれましたが、子どもがぐっすり眠ってくれる方が大事なので毎日やってます。

一番強力な120分の「ダニ退治」コースです。

空気清浄機を置く

 

空気清浄機は、インフルエンザが流行した時に父からもらったものですが、正直あんまり期待していませんでした。

しかし正しい製品を選べば、カビの胞子をもとらえることができるようです。

「HEPA」というフィルタが最強みたいですが、よくわからなかったので父にもらった空気清浄機を稼働。

ずっと変えていなかったフィルターを交換して、今では24時間稼働しています。

プロバイオティクスを飲む

意外かもしれませんが、腸内環境とアレルギーは関係しています。

フロリダ大学の実験で花粉症に悩む男女173名がプロバイオティクスを8週間飲み続けたところ、目のかゆみと鼻水が減ったという研究結果があります。

アレルギー症状は炎症の一種なので、腸内環境が整ったおかげで自然と目と鼻のアレルギーが改善したということです。

参考「最高の体調」鈴木祐著クロスメディア・パブリッシング

同じプロバイオティクスばかり飲むと、耐性ができてしまうようなので様々なものを摂取しています。

小腸できくのがラクトバチルス系のプロバイオティクスでヨーグルトなどに含まれます。

大腸で働くのがビフィドバクテリウム、いわゆるビフィズス菌です。

両方バランスよく摂る様にしています。

また腸内細菌のえさになる食物繊維もたくさん摂るようにしています。

切り干し大根やわかめを味噌汁に入れたり、発酵食品を摂るのもおすすめ。

参考:「腸の力」であなたは変わる

まとめ

鼻水が止まらない事には、カビやダニが関係している事がわかりました。

現代特有の住環境からくるものの様ですね。

鼻詰まりで眠れない夜を解消して、良質な睡眠を手にいれましょう!